現地在住者によるギリシャ5日間の旅程案

 現地在住者によるギリシャ5日間の旅程案

Richard Ortiz

ギリシャに滞在できるのは5日間だけですか? ご心配なく。私のギリシャ5日間の旅程を使えば、短期間でギリシャの魅力を十分に味わうことができます。 あなたの好みに合わせて選べる3種類の5日間の旅程をご用意しました。

免責事項:この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。 これは、あなたが特定のリンクをクリックし、その後製品を購入した場合、私は小さな手数料を受け取ることを意味します。

        ギリシャ5日間の旅 - 詳細日程表 アイデア

        アテネのパルテノン神殿 ギリシャ

        ギリシャ5日間 オプショナル1

        1日目:アテネ

        2日目:デルフィ

        日 3: メテオラ

        第4日: アイランド・クルーズ ヒドラ島、ポロス島、エギナ島

        5日目:アテネ

        1日目:アテネ

        空港からのアクセス

        アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス空港)は、市内中心部から35km(22マイル)に位置し、市内へは公共交通機関を利用するのが便利だ。

        メトロ 空港からシンタグマ広場までは、3号線(青い線)で40分。 地下鉄は毎日06:30~23:30まで運行し、30分ごとに運行、停車駅は英語で明示されている。 料金は10ユーロ。

        高速バス 高速バスX95は最短30~60分間隔で24時間運行(夏期は増便)。 シンタグマ広場に停車し、所要時間は40~60分(交通状況による)。 料金は5.50ユーロ。

        タクシー 公式タクシー(イエローキャブ!)は、空港から市内中心部まで一律料金で運行し、観光客がぼったくられるのを防いでいる。 所要時間は30~60分で、交通状況によって異なるが、05:00~24:00の間は40ユーロ、05:00~24:00の間は55ユーロ。 00:00-05:00.

        ウェルカム・ピックアップ プライベート・トランスファーを事前予約すれば、英語ドライバーが到着ロビーで水と市内地図を持ってお迎えします。 ベビー/チャイルドシートは事前予約可能です。 詳細と送迎のご予約はこちらをクリックしてください。

        アテネの見どころ

        • アクロポリス - アクロポリス」は、丘の頂上にある象徴的なパルテノン神殿とカリアティード(女性の円柱)だけでなく、その斜面にも紀元前6世紀のディオニュソス劇場や紀元後2世紀のヘロディオン劇場など、興味深い遺跡がたくさんあるからだ。

        アテネのアクロポリスはギリシャ5日間の必見スポット

        • アクロポリス博物館 - 4,000点もの出土品で埋め尽くされ、全長160mのフリーズや、古代ギリシャで初めて大理石が使われた例のひとつである「モスコフォロス」と呼ばれる子牛を連れた男の像も必見だ。
        • 古代アゴラ 紀元前6世紀からスポーツイベントなど、宗教、政治、社会活動に利用された古代アテネの中心地で、ソクラテスが講義を行った場所でもある。

        アテネの古代アゴラにあるアッタロス・ストーア

        • プラカ 豪華なネオクラシック建築が立ち並ぶ市内最古の地区のひとつであるプラカは、タベルナやルーフトップバー、土産物屋が立ち並ぶ活気あふれる街だ。
        • モナスティラキ広場 - 有名なモナスティラキ・フリーマーケットへの玄関口であるこの広場は、噴水、18世紀のオスマン・モスク、地下鉄駅の入り口があり、おいしいギリシャのストリートフードをつまみながら人間観察をするのに最適な場所です。

        アテネのモナスティラキ広場

        アテネの滞在先

        アテネの中心部、シンタグマ広場やモナスティラキ広場の周辺にあるホテルを予約するのがベストだ。

        ニキ・アテネ・ホテル シンタグマ広場から100メートル、空港行きのバス停が目の前にあるこのモダンなホテルには、防音対策が施された客室と大きなバルコニーがあります。 詳細と最新価格はこちらをクリック。

        14の理由 : モナスティラキ広場と有名な蚤の市からわずか200メートルのこのモダンなホテルは、テラスとラウンジを備えており、お部屋に戻る前にリラックスして他のお客様と交流することができます。 詳細と最新価格はこちらをクリック。

        ヘロディオン・ホテル アクロポリス博物館から数秒の場所に位置するこのエレガントな内装のホテルは、アクロポリスを一望できる屋上庭園(ホットタブ付)と屋上バー&レストランを併設しています。 詳細と最新価格はこちらをクリック。

        2日目:デルフィ

        ギリシャ・デルフィのアテネの宝物殿

        紀元前6世紀、古代ギリシャで最も神聖な場所としてユネスコに登録されたデルフィ遺跡は、有名な神託が未来を予言した古代ギリシャ世界の宗教的中心地として知られ、ギリシャを観光する際には必ず訪れたい場所である。

        そこへの行き方

        デルフィに行くには2つの選択肢がある。2日間レンタカーを借りてドライブするか(翌日メテオラへ行き、どちらかで一泊する)、のんびり座っているかだ。 この2日間のツアーを予約する 両地点への訪問を含む。

        デルフィとメテオラ2日間の旅の詳細とご予約はこちらから。

        デルフィやメテオラに泊まりたくないなら、滞在中はアテネを拠点にし、代わりにアテネから日帰り旅行をすることもできる。 ただ、往復するのはとても疲れるが、それはあなた次第だ。

        デルフィの見どころ

        • デルフィのアポロン神殿 有名な占いの儀式を含むカルトの儀式が行われた場所であるアポロン神殿は、デルフィで最も重要な建物である。
        • アテネ人の宝物庫 アテネの様々な勝利の戦利品や、聖域に捧げられた様々な奉納品が納められていたこの宝物庫は、紀元前6世紀か紀元前5世紀に建造された。
        • デルフィ古代劇場 ピュティア祭の音楽と詩のコンテストのために建てられた劇場は、紀元前160年と紀元後67年に建てられたものだが、最初に石造りで建てられたのは紀元前4世紀。
        • 考古学博物館 紀元前8世紀にさかのぼる建築彫刻、彫像、陶器、モザイク、金属製品が展示されており、紀元前478~474年の実物大ブロンズ戦車兵は必見だ!

        日 3: メテオラ

        メテオラ修道院

        ギリシャで最も大きく、最も象徴的な修道院の中心地であるメテオラの空中修道院(6つの修道院を見学可能)は、ギリシャ5日間の旅程で見逃せない見どころです。

        大メテオロン修道院 - 赤い屋根を持つ最も象徴的な空中僧院は、標高が高いため到達するのが最も困難な場所でもあるが、高さ610メートルの岩の上に建っているため、ここから最も息を呑むような絶景を眺めることができる!

        ルサノウ修道院 - 16世紀に建てられたこの修道院には実際に修道女が住んでおり、尼僧院となっている。 岩の柱の下の方にあるため、メテオラで最もアクセスしやすい修道院である。

        聖ニコラス・アナパウサス修道院 14世紀初頭に建てられ、現在この修道院に住んでいるのは修道士1人だけである。

        聖ステファノ修道院 15世紀に建てられたこの修道院は、近くのカランパカの町から見える唯一の修道院(現在は尼僧が住んでいるため、厳密には尼僧院)である。

        ヴァルラーム修道院 14世紀にヴァルラームという修道士が建てたこの修道院は、死ぬまでヴァルラームがひとりで住んでいた。 1517年、イオアニナから来た2人の修道士が、必要な建築資材を岩の上に運ぶために、ロープとバスケットを使った滑車システムを使って修道院を改築した。 資材を運ぶのに20年かかったが、改築を終えるのにかかった日数はわずか20日だった。

        ホーリィ・トリニティ修道院 ジェームズ・ボンドの映画『フォー・ユア・アイズ・オンリー』に登場したことで有名になったこの14世紀の修道院には、1925年に140段の急な階段が岩に切り開かれるまでは、縄梯子でしか行けなかった。

        吊るされた修道院に驚嘆した後、午後遅くか夕方にアテネに戻る。

        アテネで夜を過ごす。

        関連項目: ギリシャ、モネンヴァシア城ガイド

        第4日: 島巡りクルーズ:ヒドラ島、ポロス島、エギナ島

        ヒドラ島 ギリシャ

        3島周遊デイクルーズでは、1日でサノニック諸島の3つの島を訪れることができます。 英語ガイドとともに絵のように美しいイドラ島、ポロス島、エギナ島の港町を訪れ、船上ではランチや伝統的なギリシャ舞踊のエンターテイメントをお楽しみください。

        ヒドラ この島は、ジェットセッターたちがギリシャの陽気な雰囲気を楽しむために訪れる場所です。 クラフトショップでお土産を買ったり、趣のある裏通りを散策してみてはいかがでしょう。

        ポロス この小さな静かな緑の島は、レモン畑と松林で知られている。 鐘楼の頂上に登って、雄大な景色を楽しもう。

        エギナ 紀元前5世紀のアファエア神殿や活気ある魚市場がある。

        詳細とデイクルーズのご予約はこちらから。

        アテネで夜を過ごす。

        5日目:アテネ

        帰国便が夜便なら、昼間にアテネ市内をもっと見て回れるだけの時間がある。 この時間を使って、以下をご覧いただきたい:

        シンタグマ広場の衛兵交代式

        関連項目: ギリシャのミティリネ - 最高のアトラクション&見所
        • 衛兵交代 毎正時、大統領府兵士(エブゾネス)が伝統的な衣装で無名兵士の墓まで行進し、スローモーションを駆使して同僚と入れ替わる様子は必見だ。
        • パナテナイック・スタジアム 紀元前6世紀に建設されたこのスタジアムは、大理石だけで造られた世界で唯一の競技場である。 当初は男性のみのトラックスポーツの競技場として使用されていたが、現在では4年に一度、オリンピックの炎が世界中を巡り始める場所となっている。

        オリンピアのゼウス神殿

        • ハドリアヌスのアーチ 西暦131年、ローマ皇帝ハドリアヌスの到着を記念して建てられたこの凱旋門は、今日ではアテネの大通りの脇に立っているが、かつては古代アテネとローマ時代のアテネを結ぶ道路に架かっていた。
        • オリンピアのゼウス神殿 ハドリアヌスのアーチのすぐ裏手には、オリンポスの神々の王ゼウスに捧げられた6世紀の神殿跡がある。 元々は107本のコリント式円柱が特徴で、建設に700年を要した。
        アテネ国立考古学博物館
        • 国立考古学博物館 NAMは、紀元前7世紀から紀元前5世紀にかけてのギリシア美術品の最も豊富なコレクションを所蔵しており、ミノアのフレスコ画、アンティキティラ島のメカニズム(世界初のコンピューター!)、アガメムノンの黄金のデスマスクなどが展示されている。

        ギリシャ5日間 オプショナル2

        1日目:アテネ

        2日目:ミケーネ、エピダウロス、ナフプリオ

        3日目:デルフィ

        第4日: アイランド・クルーズ ヒドラ島、ポロス島、エギナ島

        5日目:アテネ

        1日目:アテネ

        オプション1の旅程に従って、アテネの主な見どころを巡る。

        2日目:ミケーネ、エピダウロス、ナフプリオ

        ギリシャ・ミケーネのライオン門

        日帰り旅行を予約する ペロポネソス半島の3つの歴史的な町を訪れます。 アテネのホテルからの送迎付きです。

        • ミケーネ

        ギリシャ本土とその島々だけでなく、小アジアの海岸を4世紀にわたって支配したミケーネ文明の最も重要な都市である。 ガイドとともにこのユネスコ遺跡を訪れ、13世紀のライオンの門、キクロペアの城壁、ソロスとして知られる「蜂の巣」墓、そして豊富な遺物が埋葬された墓円などを見学する。金製のデスマスクを含む埋葬品が発見され、その品々やレプリカが博物館に展示されている。

        • エピダウロス

        古代ギリシャ・ローマ時代の癒しの場所、エピダウロスのアスクレピオスの聖域は、医学発祥の地とされている。 ガイド付きツアーでは、訪問者が治療を待つための宿舎跡、前480~前380年のスポーツ競技場、前360~前320年の円形の建物で、アスクレピオスが住むとされる迷宮があったティメレ(Thymele)などを見学する。上の階で行われていたカルト活動のための神聖な蛇である。

        エピダウロスは、紀元前4世紀に建てられた劇場でも有名で、驚異的な音響効果を持ち、ギリシャで最も保存状態の良い劇場とされています。 考古学博物館では、青銅で作られた魅力的な医療品など、聖域から発掘された発掘品を見ることができます。

        エピダウロス劇場

        • ナフプリオ

        絵のように美しい海辺の町ナフプリオは、ギリシャ独立戦争後、ギリシャの最初の首都となった。 古代の城壁に囲まれ、海の景色と山の景色が自慢のこの町には、曲がりくねった裏通り、ヴェネツィア、フランク、オスマン帝国の建築物があふれ、1つだけでなく2つの城があり、そのうちの1つは海岸からすぐの島に建てられている!

        ミケーネ、エピダウロス、ナフプリオへの日帰り旅行の詳細とご予約はこちらをクリックしてください。

        3日目:デルフィ

        デルフィ古代劇場

        デルフィは、レンタカーでも、公共バスでも、日帰りツアーでも、1日で訪れることができる。

        ガイド付きツアーに参加することにした場合、 アテネからデルフィへの10時間のガイド付きツアーをお勧めする。

        第4日: ヒドラ島、ポロス島、エギナ島クルーズ

        エギナ島

        アテネ近郊の3つの島(ヒドラ島、ポロス島、エギナ島)を巡るクルーズに1日参加するのもいい。 ピレウス港からフェリーに乗って、自分で島を訪れることもできる。 その場合は、ヒドラ島を選ぶことを強くお勧めする。

        詳細とデイクルーズのご予約はこちらから。

        最後に、ギリシャの島々に興味がなければ、ギリシャの首都で見ることができるものはたくさんあるし、代わりにメテオラに向かうこともできる。

        5日目:アテネ

        ギリシャでの5日間の滞在の最終日には、アテネの見どころをさらに探索することができます。

        ギリシャでの5日間の滞在のために車を予約するのであれば、以下のサイトで予約することをお勧めします。 ディスカバーカー すべてのレンタカー会社の価格を比較でき、予約のキャンセルや変更も無料。 ベストプライスも保証してくれる。 詳細と最新価格はこちらをクリック。

        ギリシャ5日間 オプショナル3

        1日目:アテネ

        2日目: サントリーニ島

        3日目:サントリーニ島

        4日目: サントリーニ島

        5日目:アテネ

        1日目:アテネ

        ギリシャ5日間の旅程の初日は、アテネ観光をお楽しみください。

        2、3、4日目 サントリーニ島

        サントリーニ島のイアはギリシャの旅程に欠かせない

        このギリシャ5日間の旅程にサントリーニ島を選んだのは、誰もが行きたがる人気の観光地であると同時に、一年中気軽に訪れることができる数少ないギリシャの島のひとつだからだ。

        サントリーニ島に行かなくても、5月から10月の間に訪れるのであれば、フェリーで近くのミコノス島やシロス島に行くことができる。

        サントリーニ島へは、アテネ空港から飛行機で行くか(飛行時間45~55分)、ピレウスからフェリーで行く(所要時間8~10時間、航路やフェリー会社によって異なる)。 ギリシャでの滞在は5日間だけなので、サントリーニ島へは飛行機で行くことをお勧めする。 サントリーニ島へは多くの航空会社が毎日フライトを運航しており、早めに予約すれば驚くほどお得な情報を見つけることができる。

        フェリーに乗ることに決めたら、 フェリーの時刻表とチケットの予約はこちらをご覧ください。

        レッド・ビーチ・サントリーニ

        サントリーニ島の見どころ

        • イア散策 - サントリーニ島といえば、この古風な断崖絶壁の村から撮られた写真を思い浮かべることだろう。 息をのむような景色を眺めながら通りを歩き、城跡から眺めるのが最高のサンセットにはぜひ滞在したい。
        • 火山を訪ねて サントリーニ島に立ちながら、決して見飽きることのない景色。火山への船旅に乗り、10分ほどハイキングして、今も活動中のクレーターの頂上へ。
        • アクロティリ遺跡 - ギリシャで最も重要な先史時代の集落のひとつで、紀元前16世紀のテラン噴火の後、火山灰の下に埋もれた青銅器時代の町が発掘された。
        • フィラ先史博物館 アクロティリ遺跡から出土した新石器時代から初期キクラデス時代までの遺物をフィラの博物館で見学する。
        • レッド・ビーチ - 赤い崖が砂を赤褐色に染めることで有名なこの小さなビーチにたどり着くには、火山岩のトレッキングが必要だが、その価値は十分にある。

        フィラ・サントリーニ

        • スカロス・ロック 中世の要塞跡が残るスカロス・ロックの岬までハイキング、 そして 観光コースからは少し外れている!
        • ペリッサ・ビーチとペリヴォロス・ビーチ - 島の南へ向かい、この2つのビーチで有名な黒い火山砂につま先を沈めてみよう。
        • フィラとフィロステファニを探検しよう カルデラ沿いを歩きながら、火山を眺め、サントリーニ島を特別なものにしている建築物を見て回る!
        • 古代テラ遺跡 標高360メートルのメッサヴーノ山の尾根にそびえ立つ、紀元前9世紀から紀元726年まで人が住んでいたテラ島の古都の遺跡。

        4日目には、翌日の帰国便に間に合うようにアテネに戻り、ギリシャでの最後の夜を過ごすことをお勧めします。 お好みに応じて、1日の大半をサントリーニ島で過ごすこともできますし、午前中にアテネに戻って市内観光を楽しむこともできます。

        サントリーニ島の滞在先

        カナヴェス・イエ・ブティック・ホテル イアの有名な崖の中腹に位置するこのエレガントなキクラデス風ホテルは、アンティークやアートが客室に飾られ、敷地内にはプールもあり、フレンドリーなスタッフが親切に対応してくれる。 詳細と最新価格はこちらをクリック。

        コスタ・マリーナ・ヴィラ この伝統的なスタイルのゲストハウスは、フィラの中央広場からわずか200メートルのところにあり、レストランやショップが近くにあり、町の散策に最適です。 詳細とご予約はこちらから。

        5日目:アテネ

        最終日はアテネの見どころを巡りましょう。 オプション1の最終日をご参照ください。

        このように、時間がないときでも、5日間でギリシャをたくさん見て回ることは可能です! さて、あなたはどのように過ごしますか? あなたは、驚くほど歴史的な遺跡に惹かれますか? それとも、できるだけ多くの島々を訪れることを夢見ますか? コメントで教えてください!そして、ギリシャでの5日間は、いつか必ず、もっと長い旅に戻ることになることを覚えておいてください!

        Richard Ortiz

        リチャード・オルティスは、新しい目的地を探索することに飽くなき好奇心をもつ、熱心な旅行者、作家、冒険家です。ギリシャで育ったリチャードは、この国の豊かな歴史、素晴らしい風景、活気に満ちた文化に対する深い認識を深めました。彼は自身の放浪癖に触発され、自分の知識、経験、内部情報を共有し、他の旅行者がこの美しい地中海の楽園の隠れた宝石を発見できるようにする手段として、ブログ「ギリシャ旅行のアイデア」を作成しました。人々とつながり、地元のコミュニティに没頭することに真の情熱を持っているリチャードのブログは、写真、ストーリーテリング、旅行への愛情を組み合わせて、有名な観光拠点からギリシャ沖のあまり知られていないスポットまで、ギリシャの目的地に関する独自の視点を読者に提供しています。踏み固められた道。初めてのギリシャ旅行を計画している場合でも、次の冒険のインスピレーションを求めている場合でも、リチャードのブログは、この魅力的な国の隅々まで探索してみたくなる頼りになる情報源です。