ギリシャ、トロのガイド

 ギリシャ、トロのガイド

Richard Ortiz

トロは、ペロポネソス半島の観光名所となった小さな漁村である。 その歴史はホメロス時代にまで遡り、ナフプリオの補助港として、またオスマン・トルコとの戦いの際にはベネチアの港として、常に船の安全な港として機能してきた。

現在の近代的な町は、ギリシャ革命後にクレタ島からの難民の居住地として設立され、漁村や観光都市として発展した。 トロには、ウォータースポーツや海水浴、釣りに最適な長くゴージャスなビーチがあり、タベルナやバーが並ぶ活気ある楽しい町がある。 家族連れに最適な休暇スポットである。

        ギリシャ、トロの見どころガイド

        トロはどこにある

        トロはアテネの南西、アルゴリダ地方のペロポネソス半島に位置する。 ペロポネソス半島は、コリント地峡という小さな陸路でギリシャ本土とつながっている。 ペロポネソス半島の大部分は、険しい山々、海岸線の小さな村、親切な地元の人々など、古代と同じである。 ペロポネソス半島の多くの地域は、当時と同じ境界線をたどっている。それもそうだ。

        アルゴリダはアテネから簡単にアクセスでき、多くの史跡や魅力的な村があり、柑橘類の木立で有名である。 アルゴリダは紀元前1600年から1110年までミケーネ人の支配下でギリシャの中心地であったが、ミケーネ人の滅亡とともにドーリア人の支配下に移り、その後ローマ人の支配下になった。 近郊の遺跡にはエピダウロス、アシネ、ティリンス、ミケーネ、アルゴスなどがある。

        アテネからトロへの行き方

        トロはアテネからそれほど遠くなく、車で2時間ほどだ。

        アテネからペロポネソス半島への移動には、レンタカーが便利だ。 アテネからペロポネソス半島までは道路標識があり、運転は苦手だが、車なら自由で楽だという人は、ホテルにプライベート・トランスファーを手配するか、ドライバーを雇えばいい。

        アテネからナフプリオまで公共バス(KTEL)を利用し、そこからトロ行きのバスに乗り換えることができる。 いずれのバスも早朝から夕方まで毎時00分に運行されている。 ナフプリオからトロまでタクシーを利用する場合、料金は約15ユーロ。

        トロの楽しみ方17選

        遺跡や歴史的な目印を探検するもよし、ダイビングや水上スキーなどの冒険的なアクティビティに挑戦するもよし、地元のギリシャ料理やオリーブオイルやワインの伝統的な生産方法について学ぶもよし、トロでならそれができる。

        1.ダイビング

        トロ湾は活気に満ちた穴場のダイビングスポットです。 カラフルな海の生物、難破船、水中洞窟など、見どころ満載です。 トロにはダイビングショップがあり、ダイビングのあらゆるニーズに応えてくれます。

        2.ボートで近くの島を探検する

        アフロディーテの島としても知られるロムヴィ島には、ビザンチン時代の教会遺跡、城壁、貯水池、ヴェネツィア海軍基地跡などがある。 ダスカリオには1688年に建てられた小さな礼拝堂がある。 トルコ統治時代、神父が地元の子供たちに自分たちの遺産を教えるために、この島に秘密の学校を作ったという噂がある。

        コロニシは3つの島の中で一番小さく、今でも結婚式や洗礼式が行われる小さなチャペルがある。 3つの島はすべて無人島で、トロから船で行くことができる。

        3.スキッパー付きの帆船を借りる

        トロ湾を探索するのに最適な方法のひとつが、ヨットです。 スキッパー付きのボートをチャーターすれば、自由に海の空気を楽しむことができます。 1日チャーターすれば、上記の島々を探索できますし、2~3日間ボートをチャーターして、イドラ島やスペツェス島、その他の近隣の島々を訪れることもできます。 詳細はこちらをクリックしてください。

        4.無人島でのBBQクルーズ

        グループで近くの島へ行き、バーベキューを楽しみましょう。 クルーズのリラックスした雰囲気、ビーチでのスイミングやシュノーケリングを楽しんだ後、スキッパーが用意したラムやチキンのグリル、ギリシャ風サラダ、ザジキなどの伝統的なギリシャ料理に舌鼓を打ちましょう。 ワインとビールは料金に含まれています。

        5 . アギア・キリアキ教会からの眺めをチェック

        絵のように美しいアギア・キリアキ教会は、トロの中心部から5分ほど丘を登ったところにある。 白塗りの小さな教会で、ロムヴィ島とコロニシ島、トロ湾、周辺の海岸線を見渡すことができる。 車で行く場合は小さな駐車場があるが、この景色はハイキングする価値がある。

        6.トロのビーチをチェックする

        カストラキ・ビーチ

        トロは長い砂浜で有名で、プシリ・アンモス(Psili Ammos)は町の東から岬まで続く町のメイン・ビーチである。 タベルナ、カフェ、バーが立ち並び、町の近くには宿泊施設やショッピング施設がたくさんある。 駐車場は幹線道路沿いにあり、町からも歩いて行ける。

        アメニティのないビーチがお好みなら、カストラキがおすすめ。 町の西、古代アシネの遺跡の近くにあり、小さな小石のビーチだ。 バーやカフェはないので、好きな食べ物や飲み物を持参しよう。

        7.ウォータースポーツを楽しむ

        トロには素晴らしいビーチがたくさんあるため、ウォータースポーツも充実しています。 ウォータースポーツ・トロでは、水上スキー、チュービング、ウェイクボード、パドルボード、さらにはバナナボートを友達と一緒にレンタルすることもできます。

        関連項目: アテネからエギナへの行き方

        8.古代アッシーニをチェックする

        カストラキとしても知られる古代アシニはトロのアクロポリスで、紀元前5千年紀から紀元後600年代初頭まで人が住んでいた。 アルゴリッドの主要な遺跡では決してなかったが、トロイア戦争やその他の小競り合いの際には、十分に保護された港として重要かつ戦略的な役割を果たした。 近隣の町から出土した考古学的証拠からも、この城塞がトロに近かったことがわかる。キプロスやクレタ島を含むエーゲ海の島々との関係。

        この遺跡は1920年代にスウェーデンの考古学チームによって、70年代にはギリシャの調査チームによって初めて発掘された。 ヘレニズム時代の要塞が残っており、オスマン帝国によって修復された後、第二次世界大戦中にイタリア軍によって使用された。 聖母マリアに捧げられた小さな教会もある。

        9.アスクレピオス遺跡とエピダウロス古代劇場を訪れる

        アスクレピオス遺跡と有名なエピダウロス劇場は、ペロポネソス半島屈指の遺跡である。 アスクレピオスの聖域は、アポロの息子で医薬の神アスクレピオスに捧げられている。 古代には最も有名なヒーリング・センターとして知られ、神に癒しの力を求める人々が滞在するためのゲストハウスもあった。

        エピダウロス劇場は、競技場や宴会場を含む複合施設の一部として、13,000人を収容することができた。 現在でも、この劇場では夏に公演が行われている。

        10.古代ミケーネ遺跡を訪ねる

        トロからすぐのところにあるミケーネは、紀元前2千年紀にクレタ島やアナトリアを含むギリシャ南部の大部分を支配したミケーネ文明の本拠地として最もよく知られている。 紀元前1350年に最盛期を迎え、3万人の人口を擁した。 ミケーネの集落としては、クレタ島やアナトリアを含むギリシャ南部の大部分を支配したミケーネ文明の本拠地として最もよく知られている。青銅器時代の城塞で、現存する唯一のミケーネ彫刻である。

        関連項目: アテネの有名人10人

        11.古代オリンピアを訪ねる

        古代オリンピアは、現代の同名の町の近くにあり、古代には古代オリンピックの中心地として、また汎ヘレニスの重要な聖域として知られていた。 ゼウスに捧げられ、ギリシャ全土からギリシャ人が集まった。 他の古代の聖域とは異なり、オリンピアはその境界を越えて広がっており、特に競技が開催された部分はそうであった。 今日見ることのできる遺跡には、以下のものがある。ゼウスとヘラに捧げられた神殿や、ペロピアン(動物の生け贄を捧げるための祭壇となった墓)などがある。 また、この遺跡では、物語と歴史を共有する2つの博物館で、現代と古代のゲームの両方にスポットを当てている。

        12.絵のように美しいナフプリオの町を散策する

        ナフプリオのパラミディ城

        ナフプリオは魅力的な海辺の町であり、ギリシャの最初の首都である。 アルゴリック湾に面しており、何千年もの間、重要な港として栄えてきた。 有名な観光スポットとしては、パラミディと呼ばれるベネチア本土の城や、ブルツィと呼ばれる同じくベネチアの水上城がある。 リラックスできるレストランやバーもたくさんある。

        13.アギア・モニ修道院訪問

        アギア・モニ修道院

        アギア・モニ修道院は、ナフプリオ近郊にある修道院と小さな教会である。 教会は生命の泉に捧げられており、この泉は神話に登場するカナトス、つまりヘラが処女性を取り戻したとされる泉だと考えられている。

        14.カロニス蒸留所でのウーゾの試飲

        カロニス蒸留所は145年の歴史を持つ家族経営の蒸留所で、ウゾ、ギリシャの伝統的なリキュール、ツィプーロの試飲とツアーを行っている。 カロニス蒸留所では、マスティチャやチェリー・リキュールも製造している。

        15.メラス・オリーブオイル工場でのオリーブオイル試飲

        オリーブオイルは地中海文化に欠かせないものです。 メラス・オリーブオイル工場での見学と試飲では、オリーブの木立から搾油、オイルの製造まで、オリーブオイルの製造工程をご紹介します。 メラスではビオ化粧品も製造しています。

        16.近隣のワイナリーでのワインテイスティング

        ペロポネソス半島はギリシャで最も有名なワイン生産地であり、特にネメア地方はワインの名産地である。 ペロポネソス半島のワイナリーでのワインツアーとテイスティングは、訪問者にブドウの木と栽培、収穫と生産、そして究極のワインを紹介する。

        17.養蜂について学ぶ

        伝統的なハチミツ生産農家を訪問し、彼らが飼育するミツバチ、養蜂の技術、巣箱の階層と社会の構造について学ぶ。 ツアーの最後には地元で作られたハチミツを味わう。

        上記の活動の詳細については、//www.tolo.gr/。

        トロでの食事

        トロには、正真正銘のギリシャ料理が食べられるレストランがいくつかある。 私のお気に入りをいくつか紹介しよう。

        タヴェルナ・アクロギアリ

        タヴェルナ・アクロギアリはトロで最も古い家族経営のレストラン。 メニューは伝統的なギリシャ料理を基本に、家庭のレシピと良質で新鮮な食材を使用している。 名物料理にはスブラキ、クレフティコ、ムサカなどがある。 ワインリストにはギリシャワインのほか、ウゾなどのギリシャの飲み物も揃っている。

        ゴールデン・ビーチ・ホテル

        ゴールデン・ビーチはビーチに面したホテルで、新鮮な魚料理やギリシャの伝統的な料理が楽しめる。 ランチに最適な場所だ。

        マリア・レストラン

        マリアズ・レストランは、現在はマリアの娘たちが経営する、ランチやディナーに最適な家族経営のレストラン。 地元の食材を使った伝統的なギリシャ料理やコンチネンタル・ヨーロピアン料理を提供している。

        オルモス

        オルモスは、カジュアルなビーチの雰囲気とモダンなコンテンポラリーメニューを巧みに融合させている。 高級ギリシャ料理のレシピ、作りたてのハンバーガーやサンドイッチ、バリスタスタイルのコーヒー、カクテルなどを味わいに行こう。

        トロでの滞在先

        ジョン・アンド・ジョージ・ホテル

        ジョン・アンド・ジョージ・ホテル

        ジョン・アンド・ジョージ・ホテルはトロの旧市街にあり、湾を見渡すことができる。 多くの客室とアパートメントからは、湾の向こうにロムヴィ島とコロニシ島を望むことができる。 ホテルは家族経営で、58の客室と4つのアパートメントを家族用に提供している。

        部屋からの日の出

        全室が広々としたモダンな造りで、バルコニーまたはテラスから湾とプールエリアを見渡すことができます。 宿泊客用の大きなプールと小さな子供用プールがあります。 このホテルは家族連れに最適です。 - 詳しくはこちらをクリックしてください。

        オアシス

        自炊式の宿泊施設がお好みなら、オアシスにご滞在ください。 このアパートメントは、旅行者が期待するすべての設備を備えた、洗練されたモダンなアパートメントです。 各アパートメントには、設備の整った簡易キッチン、荷物置き場、くつろげるリビングエリアがあります。 敷地内には、小さな庭とバーベキュースペース、お子様用の遊び場があります。 ご家族連れに最適です! - ここをクリックをご覧ください。

        トロは、気取らずのんびりとしたギリシャの暮らしが魅力的な町です。 古代の町でありながら、その場所と時間の感覚を失うことなく現代に至っています。 トロを拠点にペロポネソス半島の史跡や遺跡を巡りたい方にも、水上で1週間を過ごしたい方にも、最適な場所です。 豊富な宿泊施設があり、素晴らしい食事、アウトドア・アクティビティなど、トロには誰もが楽しめる何かがある。

        Richard Ortiz

        リチャード・オルティスは、新しい目的地を探索することに飽くなき好奇心をもつ、熱心な旅行者、作家、冒険家です。ギリシャで育ったリチャードは、この国の豊かな歴史、素晴らしい風景、活気に満ちた文化に対する深い認識を深めました。彼は自身の放浪癖に触発され、自分の知識、経験、内部情報を共有し、他の旅行者がこの美しい地中海の楽園の隠れた宝石を発見できるようにする手段として、ブログ「ギリシャ旅行のアイデア」を作成しました。人々とつながり、地元のコミュニティに没頭することに真の情熱を持っているリチャードのブログは、写真、ストーリーテリング、旅行への愛情を組み合わせて、有名な観光拠点からギリシャ沖のあまり知られていないスポットまで、ギリシャの目的地に関する独自の視点を読者に提供しています。踏み固められた道。初めてのギリシャ旅行を計画している場合でも、次の冒険のインスピレーションを求めている場合でも、リチャードのブログは、この魅力的な国の隅々まで探索してみたくなる頼りになる情報源です。