ギリシャの島はいくつある?

 ギリシャの島はいくつある?

Richard Ortiz

島をどう定義するかにもよるが、ギリシャには約6000の島がある! そのほとんどは小さな無人島だが、それでも227の有人島、ゴージャスな島々から選ぶことができる。

ギリシャの島々」と聞くと、息をのむほど豪華で大人気のサントリーニ島(テラ島)やミコノス島の白壁の角砂糖の家や青いドームの教会を思い浮かべがちだが、実はギリシャの島々は想像以上にバラエティに富んでいる。

ここでは、ギリシャの島々について知っておくべき基本的な知識を紹介する!

    ギリシャの島々の地図

    ギリシャの島々の地図

    ギリシャの島々には7つのグループがある。

    ギリシャの島々は、互いに近接していること、あるいは存在する海域の区分によって、一群にまとまっている傾向がある。 これらの一群は、ファミリー・グループまたは島コンプレックスと呼ばれている。 キクラデス諸島、スポラデス諸島、ドデカネス諸島、サロニコス諸島、北エーゲ海諸島、イオニア諸島(またはエプタニサ諸島)、ビッグ2(クレタ島とエウボイア島)の7つのグループである。

    各ファミリーグループやクラスターには、それぞれ独自の個性がある。 そのクラスターの中でも、各島には他のグループにはない見どころや特徴がある。 したがって、グループの中の1つの島を見たからといって、その島をすべて見たとは決して思わないことだ!

    とはいえ、ギリシャの島々で理想的な休暇を過ごすためにどこに行くかを選ぶのに役立つ、各グループについて覚えておくべき一般的な共通点がいくつかある。

    キクラデス諸島

    キクラデス諸島のミコノス島

    エーゲ海の中心に位置するキクラデス諸島は、「ギリシャの島々」の真髄を体現する場所である。 象徴的な角砂糖の家屋建築、太陽が照りつける丘の斜面に密集する小さな白壁の村、青いドームの教会、鮮やかに塗られた雨戸や塀などがそこにある。

    大理石の彫刻が施された真っ白な壁を背景に、ブーゲンビリアのフクシア色やピンク色を楽しみながら、舗装された細い道を散策する。

    キクラデス諸島のイオス島

    キクラデス諸島は常に太陽の光が降り注ぎ、風も強い。 特に8月は強風が吹き荒れる。 灼熱の暑さから涼を求めるなら、これは良いことだ! ただし、海水浴を楽しむには、保護されたビーチがどこにあるか確認しておこう。

    キクラデス諸島にはいくつかの島があり、最も大きく中心的な島は、アモルゴス島、アナフィ島、アンドロス島、アンティパロス島、デロス島、イオス島、ケア島、キモロス島、キトロス島、ミロス島、ミコノス島、ナクソス島、パロス島、フォーレガンドロス島、セリフォス島、シフノス島、シキノス島、シロス島、サントリーニ島(テラ島)、ティノス島である。 その他の小さな島々は無人島である(キクラデス諸島だけでも約200の島がある!)。

    アンドロス島

    象徴的でゴージャスなサントリーニ島には高級レストランが立ち並び、注目のナイトライフが楽しめるし、ティノス島には深い宗教的・文化的背景があり、リラクゼーションや休息、強いストレスや仕事の疲れからの回復に最適だ。

    ナクソス島やアンドロス島のように緑豊かで自然の造形を見逃せないところもあれば、ティノス島やフォーレガンドロス島のように太陽が燦々と降り注ぎ、絵のように美しい村々があるところもある。

    スポラデス

    スキアトスの町

    エーゲ海の北西部には、エメラルド色の海が広がる豪華なスポラデス諸島がある。 主な島は4つしかないが、それぞれがエーゲ海の豪華な宝石である。アロニソス島、スキアトス島、スコペロス島、スカイロス島は、キクラデス諸島とは異なり、なだらかで緑豊かな丘陵が特徴で、人里離れたビーチのエメラルド色の海と美しいコントラストをなしている。

    スポラデス諸島の建築様式はキクラデス諸島のそれとは大きく異なり、真紅の屋根やネオクラシックのセンスが光る。 スポラデス諸島では、若者に大人気のスキアトスに行けばコスモポリタンな夏の風景を楽しむことができるが、スコペロス島やアロニソス島では家族でのんびりとくつろぐことができる。

    アロニッソスの青の洞窟

    自然の中で冒険をしたり、めったに訪れることのないビーチを発見したりしたいなら、スカイロスはうってつけだ。

    キクラデス諸島に比べ、スポラデス諸島は風も少なく、料理も様々な影響を受けている。

    ドデカネス諸島

    ギリシャ、ロードス島 リンドスの小さな白壁の村とアクロポリス

    トルコにほど近いエーゲ海の南東に位置するドデカネス諸島は、その歴史、遺産、建築だけでなく、自然の美しさにおいてもユニークだ。

    中世の城、中世の歴史、ゴージャスな景色、紺碧の海、水の洞窟、荒野と出会う緑豊かな斜面の美しい自然景観に興味があるなら、ドデカネス諸島を訪れなければならない。

    伝統的なギリシャの風車 - レロス島

    ドデカネスという名前は「12の島々」という意味だが、それ以上に大きな島々がある。 アスティパライア島、カルキ島、カリムノス島、カルパトス島、カソス島、カステロリゾ島(メギスティ島)、コス島、ライプソイ島、レロス島、ニシロス島、パトモス島、ロドス島、シミ島、ティロス島である。

    カステロリゾ

    キクラデス諸島のティノス島に次ぐ正教会の巡礼地であるパトモス島から、「騎士の島」ロードス島、「海綿漁師の島」カリムノス島など、それぞれの島には独自の個性がある。

    サロニコス諸島

    ヒドラ

    アテネから最も近いギリシャの島々であるため、観光客だけでなく、地元の人々にも人気がある。 サロニコス諸島はそれぞれ個性的な島々であり、すべての島を訪れて初めて、その島々を体験したことになる。

    豊かな歴史、太陽の光と戯れる透明度の高い海、風を遮る穏やかな場所、それぞれが持つ豊かな歴史は、忘れられない体験を与えてくれるだろう。

    エギナ島のアファイア神殿

    サロニコス諸島には、エギナ島、アギストリ島、ヒドラ島、ポロス島、スペツェス島の5つの島がある。 それぞれの島は、首都から短時間で行けるゴージャスな島として、地元の人たちの間で有名だ。 スペツェス島やポロス島のように、コスモポリタンで家族旅行の伝統が長い島もあれば、アギストリ島のように、緑豊かな自然を探検して楽しむ機会が多いワイルドな島もある。

    リラックスしたいのなら、どのような方法であれ、サロニコス湾の島々がお薦めだ。

    北エーゲ海諸島

    キオス

    北エーゲ海の島々は大都市からかなり離れているため、他の島々に比べて観光客が少ない傾向にあるが、人ごみに埋もれることなく、無垢な美しさ、素晴らしい歴史、豊かな文化、美味しい食べ物の世界を楽しむことができる。

    北エーゲ海の島々は非常に歴史があり、息をのむような自然の美しさがあり、トレッキングやハイキングなどの探検的なアクティビティが好きな人にはゴージャスな景色だけでなく、ユニークな体験ができるだろう。 ビーチはすべてバージンビーチで、驚くほど美しく、エーゲ海というよりむしろ南国を思わせることもある。

    レムノス島

    北エーゲ海には、アイ・ストラティス島、キオス島、フルノイ島、イカリア島、イヌース島、レスヴォス島、レムノス島、プサラ島、サモス島の9つの島がある。 キオス島のユニークなマスティックの森、プサラ島の力強い歴史、イカリア島の驚異的な長寿の住人などはご存じかもしれないが、それ以外にもたくさんの発見と楽しみがある!

    イオニア諸島(エフタニサ)

    ミルトス・ビーチ、ケファロニア島

    イオニア諸島はギリシャの西、イオニア海に浮かぶ島々で、東洋と西洋の文化や歴史が融合した素晴らしい十字路である。 イタリア料理とギリシャ料理がミックスされた独特の料理、豪華な建築物、そして音楽は、この素晴らしい伝統の証である。

    関連項目: クレタ島クリッシ島ガイド

    しかし、イオニア諸島の文化の美しさだけでなく、息をのむような美しい自然を探索することもできる。 コスモポリタンな場所を選びたい人も、人里離れた野生の場所を選びたい人も、この島々であなたの求めるものを見つけることができるだろう。

    コルフ

    イオニア諸島の7つの島々は、シシィ皇后が身を寄せたコルフ島、ヴェネチアの香り漂うザキントス島、オデュッセウスの故郷イサカ島など、有名なものが多い。 コルフ島、ザキントス島、ケファロニア島、レフカダ島、イサカ島、パクシ島、キシラ島、メガニシ島、マトラキ島である。

    その海はほとんどいつも穏やかで、緑豊かな斜面のおかげで深いエメラルドブルーに輝いている。

    ビッグ2(クレタ島とエウボイア島)

    クレタ島のレティムノ

    ギリシャ最大の島はクレタ島とエウボイア島である。

    クレタ島はギリシャの最南端に位置し、その美しさ、文化、料理、音楽を体験するには、十分な時間と注意が必要だ。 ピンクの砂浜のビーチから、ミノア時代の保存状態の良い宮殿、ヤシの木の森、イラクリオン、レティムノ、ハニアの豪華な港町まで、クレタ島にはユニークな見どころがたくさんある。

    クレタ島はとても広大なため、さまざまな風景や景色があり、適切な季節に訪れれば雪山も見ることができる。 数千年の歴史を持つこの島は、時を超越した心地よさと永遠の美しさを感じさせてくれる。

    クレタ島でのバケーションは、どのようなバケーションであっても理想的です。甘やかされてリラックスした状態から、非常にアクティブで冒険的な状態まで、クレタ島はあなたをカバーしています。

    ハニア・クレタ島のバロス・ビーチ

    エウボイア(エヴィアとも発音する)はギリシャで2番目に大きな島で、ギリシャの美の宝庫でもある。 エウボイアの名前は「牛が幸せになる場所」という意味で、伝統とエキゾチックが融合している。

    ギリシャ本土とはエヴリポス海峡によって隔てられているだけで、自然の美しさとそこに住む人々の伝統と文化に関しては、手つかずの処女性が保たれている。

    エウボイアのドリモナス滝

    エディプソスの癒しの温泉、華麗なドリモナの滝、いくつかの遺跡、中世の城、美しい海岸沿いの街などをぜひ訪れてみてください。 ドライブ旅行をお探しなら、エウボイアがおすすめです!

    無人島はどうですか?

    227の有人島があるが、無人島はどうだろう。 通常、とても小さかったり、人里離れていたりして、そこに住むことは不可能だ。 しかし、他の島から日帰りで、あるいは自分の船をチャーターして探検すれば、船で訪れることができる場合が多い。

    そうすることで、信じられないほどやりがいのある素晴らしい体験ができる。多くの素晴らしいビーチが、無人島にあるという理由だけで、発見されることもなく、混雑することもなく残っているからだ。

    ディアポロス島

    例えば、カルキディキの沖合にあるディアポロス島はいかがだろう。 黄金の砂と岩が織り成すゴージャスで人里離れたビーチ、緑豊かな森林による自然の木陰は、あなたの探検を忘れがたいものにしてくれるだろう。

    あるいは、アロニソス島沖の無人島ツォウグリアキ島やツォウグリアス島付近で、希少種が生息する豊かな水中動植物を見ながらシュノーケリングを楽しむのもいいだろう。

    関連項目: ギリシャのベスト国立公園

    どこに行くにしても、近くに訪れる無人島があるかどうか、そのためのツアーがあるかどうかを必ず尋ねること-多くの場合、ガイドと一緒に体験を楽しむことができる!

    Richard Ortiz

    リチャード・オルティスは、新しい目的地を探索することに飽くなき好奇心をもつ、熱心な旅行者、作家、冒険家です。ギリシャで育ったリチャードは、この国の豊かな歴史、素晴らしい風景、活気に満ちた文化に対する深い認識を深めました。彼は自身の放浪癖に触発され、自分の知識、経験、内部情報を共有し、他の旅行者がこの美しい地中海の楽園の隠れた宝石を発見できるようにする手段として、ブログ「ギリシャ旅行のアイデア」を作成しました。人々とつながり、地元のコミュニティに没頭することに真の情熱を持っているリチャードのブログは、写真、ストーリーテリング、旅行への愛情を組み合わせて、有名な観光拠点からギリシャ沖のあまり知られていないスポットまで、ギリシャの目的地に関する独自の視点を読者に提供しています。踏み固められた道。初めてのギリシャ旅行を計画している場合でも、次の冒険のインスピレーションを求めている場合でも、リチャードのブログは、この魅力的な国の隅々まで探索してみたくなる頼りになる情報源です。