カヴァラ ギリシャ 究極の旅行ガイド

 カヴァラ ギリシャ 究極の旅行ガイド

Richard Ortiz

カヴァラは、ギリシャ北部の海岸沿いにある美しい街。 カヴァラ湾に面し、重要な港町である。 マリーナに面した街の中心部は、美しい大通りや公園、エレガントな建物で特徴づけられている。

丘陵地帯にあるこの美しい街は、港を囲むように円形劇場のように配置されている。 漁船やフェリーボートが行き交うマリーナや港の素晴らしい眺めがたくさんある。 その向こうにはきらめく湾が広がり、さらに遠くには緑豊かなタソス島が見える。

港の東側には半島があり、ビザンチン様式の壮大な要塞がそびえ立っている。 これがカヴァラの旧市街で、「パナギア(聖母)」と呼ばれている。 石畳の狭い通り沿いに伝統的な建築物が建ち並び、とても魅力的だ。

カヴァラの人々は、そのドラマチックな地形と海岸線から「ギリシャのモナコ」と呼ばれることもある、自分たちの町を誇りに思っている。 その魅力にもかかわらず、どういうわけかカヴァラは観光客であふれかえっていない。 この町には本物の地元の個性と手つかずの美しさがたっぷりあり、観光客にとってはさらに素晴らしい発見となる。

カヴァラ・ツアーズでカヴァラの街を散策し、街の歴史や見どころについて学んだ。

          ギリシャ、カヴァラのガイド

          カヴァラの歴史

          カヴァラには豊かで魅力的な歴史がある。 カヴァラの現代名は、カヴァラ(Cavalla)が転訛したもので、これはイタリア語で馬を意味する言葉から取られたと思われる。 しかし、カヴァラには歴史を通じて他の名前もあった。

          ネアポリスは、7世紀にタッソス島の植民都市として建設された。 タッソス人は、近くの山々で金と銀を採掘できることからこの地に引き寄せられ、ネアポリスは海岸沿いにいくつかあったタッソス人の植民都市のひとつとなった。

          ペロポネソス戦争では、スパルタとタシスがネアポリスを包囲したが、ネアポリスはアテネと忠実に同盟を結んだ。

          ローマ時代にも重要な都市で、紀元前168年にローマ共和国のシヴィタスとなり、エグナティア通りが通って貿易が盛んになった。

          カヴァラ(当時はまだネオポリスだった)は、キリスト教信仰にとって極めて重要な都市となった。 紀元49年、聖パウロがキリスト教のメッセージを広めるために初めてヨーロッパの地を踏んだのは、まさにここカヴァラだった。

          もちろん、鉱山と天然の港を持つこのような宝石は、多くの征服者に求められた。 カヴァラはビザンチン帝国の一部となった。 この時代、キリスト教のアイデンティティを反映するために、この都市はクリストゥールポリスという新しい名前を得た。 皇帝ユスティニアヌス1世は、この都市を保護するために要塞を建設した。 8世紀と9世紀には、この都市はさらに要塞化され、次のようなものから保護された。ブルガリアからの攻撃

          結局、9世紀後半にブルガリア人が12世紀後半にロンバルディア人が来るまで、この都市を占領することに成功した。 数年後、カタルーニャ人もこの都市を占領しようとしたが、失敗に終わった。 1387年にオスマン・トルコが来るまで、カヴァラはビザンチンの手に戻っていた。

          オスマン帝国は、要塞を除いて町を破壊し、自分たちのやり方で建設したため、旧市街はオスマン帝国時代の特徴を色濃く残している。 オスマン帝国皇帝スレイマンの時代には、大宰相イブラヒム・パシャが町の運気を向上させ、現在も残っている水道橋を建設した。

          最終的にエジプトを支配したメフメト・アリは18世紀後半にカヴァラで生まれ、港を見下ろす旧市街の斜面にカヴァラで最も印象的なモニュメントのひとつであるイマレットを建てた。

          オスマン帝国末期、カヴァラはこの地域で栽培される良質なタバコによって繁栄し、この時代の大倉庫やベル・エポック様式の邸宅が今も残っている。

          近代ギリシャの一部となった後、小アジアから多くの難民を受け入れ、労働力を増やし、タバコ産業をさらに発展させた。 タバコ博物館では、カヴァッラの近年の興味深い歴史について詳しく知ることができる。

          カヴァラの楽しみ方

          1.城の頂上に登り、息をのむような街の眺めを楽しむ

          カヴァラ城は、旧市街の丘の頂上にある。 訪れるには美しい場所であり、街の素晴らしい眺めも堪能できる。 歩ける人なら徒歩でも行けるが、タクシーで城の近くまで行くこともできる(このあたりは道が狭い)。

          カヴァッラ城には入場料がかかるが、その価値は十分にある。 城壁からの眺めは素晴らしいが、360度の絶景を楽しむには、塔の内部にある狭く曲がりくねった階段を上って、頂上の展望台まで行くのが一番だ。

          情報:イシドロウ通り28番地 営業時間:5月~9月8:00~21:00、10月8:00~18:00 11月~3月8:00~16:00、4月8:00~20:00 営業時間の確認は(+30) 2510 838 602まで。

          2.家とメフメト・アリ像を見る

          また、丘の上にはメフメト・アリの印象的な騎馬像がある。 これは彼の家の隣の広場にあり、現在は博物館になっている。 メフメト・アリは後にエジプトを統治したが、この像はエジプトのアレクサンドリアのギリシャ人社会からメフメト・アリの故郷に贈られたものである。

          3.半島の先端にある旧灯台に向かい、湾のもうひとつの絶景を楽しむ

          メフメト・アリの高台から半島の端までは歩いてすぐだ。 ここには灯台があり、街と湾の素晴らしい眺めがさらに広がっている。 真下の海は素晴らしい色をしており、天気の良い日には岩場で海水浴を楽しむ地元の人々の姿が見られる。

          4.カヴァラ旧市街の路地を歩き回る - "パナギア"

          旧市街の静かな路地には、ハリル・ベイ・モスクのような秘密と驚きに満ちている。 この15世紀のモスクは、初期のキリスト教バシリカの遺跡の上に建てられており、床のガラス越しに見ることができる。

          坂を下っていくと、果物の木や花が植えられた庭のある魅力的な家々を通り過ぎる。

          関連項目: イオスのビーチ、イオス島のベスト・ビーチ

          5.メフメト・アリのイマレットでお茶をしよう

          メフメト・アリが建てたイマレットは現在、見事に修復され、高級ホテルとして機能している。 イマレットのガイド付きツアーもある。 また、ドリンクや優雅なアフタヌーンティーを楽しむことで、このユニークなホテルの美しさを体験することもできる。

          6.カヴァラの考古学博物館を訪れる

          カヴァラの考古学博物館では、新石器時代の出土品から始まる美しい遺物を通して、街の歴史を体験することができる。 ここでは、ネアポリスの守護神であった女神パルテノスを祀る紀元前5世紀の神殿にあった2本の印象的なイオニア式円柱をそのまま見ることができる。

          情報:17 Erythrou Stavrou通り(中心部近く) 火~日、8:00~15:00(月曜休館) 入場料4ユーロ(4~10月は2ユーロ引き)、11~3月は2ユーロ(1ユーロ引き) (+30) 2510 222 335

          7.タバコ博物館見学

          タバコは何十年もの間、カヴァラの経済の中心であり、街の歴史と文化に欠かせないものだった。

          タバコの葉の香りが出迎えてくれる、非常に雰囲気のあるこの博物館では、道具や機械、タバコ俵、市販のタバコのサンプルなどの展示を通して、タバコの栽培と加工について学ぶことができる。

          また、タバコのパッケージやマッチ箱など、往時を偲ばせる展示もあり、グラフィック・アートのファンも楽しめる。

          情報:4 K. Palaiologou通り(中心部近く) 月~金8:00~16:00、土10:00~14:00(6~9月は木曜17:00~21:00も開館) 入場料2ユーロ、割引1ユーロ (+30) 2510 223 344

          8.ヴェニゼロス通り沿いの古いタバコ倉庫とタバコ商人のベル・エポックの邸宅をチェックする

          タバコ博物館の近く、特にヴェニゼロス通り周辺には、タバコ商人の倉庫や邸宅が数多く残っている。

          カヴァラ・ツアーズのガイド、マリアンナによると、昔はこの通り全体がタバコの葉の香りに包まれていたという。

          タバコ労働者広場では、20世紀初頭に建てられた市営タバコ倉庫の優雅なファサードを見ることができる。 この建物はもともとオスマン・トルコのタバコ商人キジ・ミミンによって建てられたものだ。

          9.ローマ水道橋を見る

          スレイマン大帝の治世に、大宰相イブラヒム・パシャは水道橋を建設し、街の繁栄を大きく発展させた。 石造りの2階建てのアーチで構成された栄光の水道橋は、1520年から1530年にかけて建設された。

          長さ270メートル、最も高いところで高さ25メートルのこの印象的な建造物は、現在も良好な状態で保存されており、カヴァラの主要なモニュメントのひとつである。

          10.聖ニコラス教会と聖パウロのモザイク画を訪れる

          聖ニコラス教会は、かつて1530年に建てられたイブラヒム・パシャのモスクであった。 モスクは1926年にキリスト教の教会に改築され、1945年に正式に船乗りの守護聖人である聖ニコラスに捧げられた。 教会の近くのカフェには、オスマン・トルコ人がモスクでの礼拝の準備に使ったハマムの跡が残っている。

          教会の脇には、聖パウロがトロイから海を渡り、ヨーロッパの地を初めて踏んだときの様子を描いた印象的なモザイク画がある。

          11.地元の人々と水辺を散策する

          カヴァラのウォーターフロントは、昔ながらの魅力に溢れている。 カフェやタベルナが立ち並び、カラフルな小さな観覧車など、子供向けの娯楽施設もある。 地元の人々は、歩道の屋台で綿菓子や炭火で焼いたトウモロコシをつまみながら、のんびりと夜のプロムナードを楽しんでいる。

          12.マリーナで素晴らしいシーフード料理を楽しむ

          カヴァラはシーフードが美味しい。 マリーナでお城を眺めながら食事を楽しむのは滞在中のマスト。 私たちは美しいレストラン「プサラキ」のヨットの目の前に座り、この地域で有名なイワシのグリル、カラマリのフライ、シロタラモサラタ、エビ入りクスクス、クレタ風サラダなど、クラシックでモダンな料理を楽しんだ。

          13.クーランビエデスを試す

          ふわふわのアイシング・シュガーで巻かれた濃厚でほろほろと崩れるバター・クッキーは、ギリシャ全土で人気のクリスマス・スイーツだが、カヴァラでは一年中名物となっている。 街中の菓子店や、クーランビエデスのみを扱う専門店でも売られている。 街のお土産としても人気が高い。

          14.地元の美しいビーチで泳ぐ

          カヴァラ湾には素晴らしい海と美しいビーチがある。 夏には町のパブリック・ビーチで海水浴を楽しむこともできるし、サンラウンジャーや傘のあるブルー・フラッグ・ビーチのアモロフィなど、近隣の人気ビーチに行くこともできる。

          もっとワイルドなビーチを楽しみたい方は、アクロティリ・ブラシダ(Akrotiri Vrasida)へどうぞ。アクロティリは、豊かな植物とドラマチックな岩に囲まれた小さな湾にあります。

          カヴァラ(ギリシャ)近郊の見所

          フィリピの考古学的遺跡

          ユネスコの世界遺産に登録されているフィリッピは、紀元前4世紀から紀元後14世紀まで居住された、さまざまな時代の遺跡がある。 フィリッピには、いくつかの魅力的な要素と、敷地内の博物館がある。

          遺跡の石畳を歩くには歩きやすい靴が必要だし、日差しを避けるために飲み水も必要だ。 しかし、遺跡は素晴らしく、ほぼ完全に開放されているため、何世紀もの遺跡が並んでいる中を自由に散策することができる。

          紀元前359年、この地はタッソス島の人々によって植民地として開拓され、「クリニデス」(泉)と名づけられた。 そのわずか3年後、マケドンのフィリップ2世に占領され、フィリップ2世は自らの名をとってこの地を「クリニデス」と改名した。

          近隣の金鉱に加え、フィリッピはネアポリス(現在のカヴァラ)とアンフィポリスを結ぶルートを支配する戦略的に重要な都市であった。 フィリッピは初期キリスト教にとって重要な都市であった。 フィリッピには14世紀まで人が住んでいた。

          敷地に入ると、マケドンのフィリップが建てた劇場がある。 この劇場は今でも立派な状態で残っており、毎年7月と8月に開催されるフィリッピ・フェスティバルも開催される。

          関連項目: アダマス、ミロス:完全ガイド

          アーチをくぐって劇場を出ると、初期キリスト教最大のバシリカへと続く小道がある。 今もいくつかの柱が残っており、教会の見取り図を簡単に確認することができ、感動的な体験となる。 美しい建築のディテールが数多く残されており、建物の壮大さを容易に想像させる。

          その向かい側には、紀元2世紀の大きなフォロ・ロマーノがあり、その向こうには、4世紀に建てられた聖パウロに捧げられた八角形の教会がある。 この八角形の教会は、遺跡からその形を見分けることができ、ギリシャではほぼ唯一のものである。

          さまざまな色の大理石で作られた幾何学的な装飾モザイクは太陽の下で生き続け、より複雑な内部の床モザイクは屋上で保護されている。

          オクタゴン・コンプレックスの向こうには、工房、商店、浴場などがある居住区の遺跡がある。 フォロ・ロマーノの隣には、紀元後2世紀のローマ市場の近くに、もうひとつのバシリカの遺跡がある。 6世紀のバシリカには、高いアーチ型の入り口と身廊の壁が残っており、美しい建築のディテールがそのまま残されている。

          別のバシリカ跡の先にある小さな博物館には、ローマ時代の広場にあった神殿のペディメントから出土した人物像など、この遺跡から出土した素晴らしいものが展示されており、かつての街の栄華を物語っている。

          情報:フィリッピ遺跡はカヴァラから北へ18km、美しい田舎道を車で約30分。 年中無休、夏期8:00~20:00、冬期8:00~15:00。 入場料6ユーロ、割引料金3ユーロ。 休館日あり。 詳しい情報は(+30) 2510 516251まで。

          リディア洗礼堂

          カヴァラ地方の初期キリスト教の遺産を知る上でもう一つ重要な場所は、リディアの洗礼堂である。 聖パウロがカヴァラに来たとき、彼はジガクチス川のほとりに集まったユダヤ人に語りかけた。

          聖パウロがこの川の水で洗礼を授けたことで、リディアはヨーロッパ初のキリスト教徒となった。 現在の教会は1974年に建てられた。 教会は八角形で、中央の洗礼盤に向かって階段が下りている。 敬虔なキリスト教徒が訪れる人気の場所である。

          情報:洗礼堂はフィリッピ遺跡の真横にある。

          クリニデス泥風呂

          フィリッピからわずか5分のところにあるクリニデスの泥風呂は、治療用の粘土でできた深いプールだ。

          高い壁で仕切られたクレイ・バスは、男女別々に楽しめる。 マッサージ効果のあるお湯のシャワーを浴びた後、クレイ・バスに浸かる。 とても社交的な雰囲気で、治癒効果の高いクレイを使った成功談を披露し合う。

          20分ほど経ったら、クレイの大部分を削り取り、薄い層を残して天日で乾燥させ、全身の肌にマスクをするようにする。 その後、治療用の水のシャワーでクレイを洗い流す。 肌は素晴らしい感触を味わうだろう。

          その後、2人の理学療法士によるマッサージやリフレクソロジーの施術を受けたり、15世紀に建てられたセラピー・バスに浸かったりすることができる。 その後には、ムブンブー女史が誇りを持って経営する館内レストランで、地元の新鮮な食材を使った素晴らしい家庭料理を味わうことができる。

          情報:クリニデス泥浴場はカヴァラから17キロ、クリニデス村から3キロのところにある。 フィリッピ遺跡のすぐ近く。 6月1日から10月15日まで、毎日8時から17時まで営業。 (+30) 2510 831 388

          カヴァラの滞在先

          エグナシア・ホテル

          エグナティア・ホテルでは、街と海の景色を一望できる素敵な部屋で快適な滞在を楽しめました。 ホテルのエレガントな屋上のバーとレストランでは、素晴らしい料理とさらに素晴らしい景色を堪能できます。 ホテルのすぐそばに無料の駐車場があるのは本当に便利でありがたかったです。

          市内中心部までは車でわずか5分。 徒歩で市内を散策するにも、この地域の数多くの観光スポットへドライブするにも、最も便利なロケーションである。

          カヴァラへの行き方

          英国より

          エーゲ航空は、ヒースロー、ガトウィック、マンチェスター、エディンバラからアテネへのフライトを運航している。 アテネでは、カヴァラ行きの50分のフライトに乗り継ぐことができる。

          フランスより

          エーゲ航空は、パリ、ストラスブール、リール、ナント、ボルドー、トゥールーズ、マルセイユ、ニース、リヨンからアテネへのフライトを運航している。 アテネでは、カヴァラ行きの50分のフライトに乗り継ぐことができる。

          テッサロニキから

          また、テッサロニキまで飛行機で行き、レンタカーでカヴァラまで行くこともできる。 150キロのドライブは楽しく、2時間もかからない。 テッサロニキとカヴァラを結ぶKTELバスもあり、毎日数便出ている。 高速バスなら2時間でカヴァラの中心部に到着する。

          アテネからエーゲ航空を利用し、空港でハーツからレンタカーを借りた。 カヴァラ空港は街の中心部から車で約30分。

          私はディスカバー・ギリシャのゲストだったが、いつものように私個人の意見である。

          Richard Ortiz

          リチャード・オルティスは、新しい目的地を探索することに飽くなき好奇心をもつ、熱心な旅行者、作家、冒険家です。ギリシャで育ったリチャードは、この国の豊かな歴史、素晴らしい風景、活気に満ちた文化に対する深い認識を深めました。彼は自身の放浪癖に触発され、自分の知識、経験、内部情報を共有し、他の旅行者がこの美しい地中海の楽園の隠れた宝石を発見できるようにする手段として、ブログ「ギリシャ旅行のアイデア」を作成しました。人々とつながり、地元のコミュニティに没頭することに真の情熱を持っているリチャードのブログは、写真、ストーリーテリング、旅行への愛情を組み合わせて、有名な観光拠点からギリシャ沖のあまり知られていないスポットまで、ギリシャの目的地に関する独自の視点を読者に提供しています。踏み固められた道。初めてのギリシャ旅行を計画している場合でも、次の冒険のインスピレーションを求めている場合でも、リチャードのブログは、この魅力的な国の隅々まで探索してみたくなる頼りになる情報源です。