クレタ島クリッシ島ガイド

 クレタ島クリッシ島ガイド

Richard Ortiz

クレタ島の南海岸、イエラペトラ島から15kmの沖合に位置するクリシ(Chrysi)島は、保護された生態系を持つ自然美のスポットです。 もはや秘境ではありませんが、クリシ島はむしろ、シュノーケリングに最適な透き通った青い海はもちろんのこと、白い砂浜とアフリカ杉の木が生い茂る楽園に似ています。 クリシ島への日帰り旅行を発見するために読んでください。クレタ島は、クレタ島旅行のハイライトのひとつになるだろう。

免責事項:この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。 これは、あなたが特定のリンクをクリックし、その後製品を購入した場合、私は小さな手数料を受け取ることを意味します。 あなたに余分な費用はかかりませんが、私のサイトを維持するのに役立ちます。 このように私をサポートしていただきありがとうございます。

関連項目: パロス島パリキア観光ガイド

      クリシ島クレタ島ガイド

      クリッシー・アイランドについて

      面積4,743平方キロメートル(長さ7キロ、幅2キロ)のクリシ島は、欧州のイニシアチブであるナトゥーラ2000の保護対象自然保護区である。 重要な生態系であり、ヘビ(毒なし)、トカゲ、ミミズ、ウサギの自然生息地であり、カレッタ=カレッタウミガメやモンクアザラシのモナカス=モナカスもこの島を訪れる。

      樹齢200~300年の希少なレバノン杉の森が島の70%を占め、自然に形成されたレバノン杉の森としてはヨーロッパ最大で、木の高さは7~10メートル、直径は1メートルに達する。

      この島は溶岩が固まってできた島で、49種の化石(貝、サンゴ、フジツボ、ウニからなる)が発見されている。これらは、島がまだ海中にあった35万年から7万年前に溶岩に閉じ込められたものである。

      クリッシー島はヨーロッパ最南端の自然公園で(クレタ島のすぐ沖にあるガブドス島はヨーロッパ最南端ではないが)、ギリシャのクレタ島から目と鼻の先というより、バリ島かカリブ海のどこかにでも上陸したのかと一瞬思わせるに違いない!

      近年は海賊(海底に海賊商船の遺跡がある)や隠者が住んでいたが、13世紀の教会やローマ帝国時代の墓がある。 しかし、最近の考古学的発見から、人類がクリシ島を訪れていたのはミノア時代までさかのぼることがわかった。

      その証拠に、人々は漁業や塩の採掘のためにクリッシー島を利用していたことは間違いないが、おそらく貝殻が手に入ることから、古典古代にロイヤルパープルとして知られる染料が、トゲのある染料ムレックスのカタツムリの粘液を抽出して作られたのもこの島だったのだろう。

      黄金色に輝くビーチがあることからクリッシ(Χρυσή)と名付けられたこの島には、ガイドゥロニシという別名もある。 これは「ロバの島」と訳され、かつてイエラペトラの地元の人々が、愛用の年老いたロバを連れてクリッシに渡り、そのロバたちが手つかずの美しさを楽しみながら最期を迎えたことに由来する。

      今日、こののどかな小島の自然の美しさを楽しんでいるのは観光客だが、サンベッド、基本的なポータローのある2つのビーチが整備され、それぞれに飲み物やピクニックの買い出しができるビーチバーがあるなど、観光客の生活を少し快適にする設備は整っている。

      クリッシー島への行き方

      クリッシ島への主な出発地点は南東部の町イエラペトラで、観光シーズン中は毎日10:00~12:00の間に様々なボートが出航している(各20.00~25.00ユーロ)。

      マクリギアロスとミルトスからも船が出ており、船は通常より速く小さいため割高だが、観光フェリーに詰め込まれるよりは快適な船旅が楽しめる。 なお、船では1ユーロのビジター税を支払う必要があるが、これはチケットに含まれていない。

      イエラペトラ島へ戻るボートは通常16時半か17時半にクリッシ島を出発し、所要時間は片道1時間弱だが、プライベート・スピードボートを予約すれば、コンディションが良ければ片道20分程度に短縮できる。

      8月に安心してイエーレペトラの海沿いを歩いていると、多くのセールスマンにクリッシ島に行きたいかどうか聞かれるので、事前予約の必要はない。

      観光船はすべて島の南側にあるヴージオス・マティと呼ばれる唯一の港(桟橋のようなもの)に停泊するため、時折、乗客が下船するために船が列を作ることがある。 タベルナがある港から、ベレグリナまたはクリシ・アンモス(黄金の砂)と呼ばれる最寄りのビーチまでは、香り高い杉の木々の間を抜ける小道を歩いて5分ほどで、島の北側に到着する。島だ。

      イラクリオンから:クリシ島への日帰り旅行

      ビーチ

      島の北側は、杉林を抜けるとより起伏に富み、絵のように美しいが、風が強いため、南側は砂が目に入らないようにしたい人にとっては天国となる。 以下は、探検して楽しめるビーチのほんの一部である。

      ヴギウ・マティ・ビーチ

      桟橋の西側には、小さな洞窟のあるきれいな湾がある。 また、桟橋の東側にタオルを敷けば、岩だらけのビーチだが、ベレグリナ・ビーチの波が荒い日は、たいてい穏やかな海が広がる。

      ベレグリナ/ゴールデンサンドことクリシー・アンモス

      このビーチは島の北側に位置し、桟橋から杉の森を抜けて徒歩5分。 何千もの貝殻でできたピンク色に染まった黄金色の砂の上にタオルを敷くスペースがあるが、サンベッドとビーチバーがある整然としたビーチだ。 港に近いためか、アメニティが充実しているためか、島で最も人が多い場所だ。

      チャツィヴォラカス(ハツィヴォラカス)ビーチ

      ベレグリナの西に位置するこの静かなビーチは、杉の木陰を楽しむことができ、岩場にもかかわらず穏やかな海が広がっている。 サンベッドから離れ、まるで熱帯の無人島にいるような気分になれるこのビーチでは、ターコイズブルーの澄んだ海を眺めたり、杉の木を見上げたりしながら、心配事を忘れさせてくれる。 近くには、島の歴史を発見できる場所もある。近くの灯台、絵のように美しい聖ニコラス礼拝堂、島で唯一の20世紀の家屋がある古い塩湖、ミノアの集落(わずかなもの)を訪れ、西端のアブラキ・ビーチに到着する。

      カタプロソポ・ビーチ

      この人里離れたビーチは、岩場で2つに分断されていますが、シュノーケリングに最適な浅瀬が楽しめます。 ビーチは、何千羽もの鳥の隠れ家であるクリッシ島の東に位置する小さな島、ミクロニシ島に面しているので、双眼鏡を用意していくと、黄金色に輝く白い砂に足を浸しながら、一日中鳥のさえずりを楽しむことができるかもしれません。 ただし、一日中寝そべってはいけません、カタプロソポからは、ケファラの丘と呼ばれる島で一番高い場所までほんの数メートル。

      ケンドラ・ビーチ

      ここはクリッシ島で最もワイルドで荒々しく、最も西に位置するビーチだ。 非常に岩が多く、泳いだり日光浴をしたりするよりもハイキングや岩穴探検に適しており、風が強く日陰が少ないことが多いので、灯台や教会を訪れた後にここを歩く場合は、十分な水と日焼け止め、必要に応じて隠せる帽子や服装を準備しておこう。

      photo by @Toddhata

      ヴェージス・ビーチ

      有名なゴールデン・サンド・ビーチに大勢の人がいると思うとぞっとするのなら、南東側にある大きな孤立したヴァージュ・ビーチに行くといい。南側のビーチは風が強く、ヴァージュ・ビーチは海辺の足元に岩があるので、足を切って歩き回りたい人以外はビーチシューズやスイムシューズは必需品だ。

      クリッシー島の見どころ

      スイム&シュノーケル

      砂浜につま先を沈めて、小さな小さな貝殻を指先に散りばめながら、海が岸に打ち寄せる小刻みな音に耳を傾ける。 ああ、至福の時だ! 熱くなりすぎたら、ターコイズブルーの海に水しぶきを上げて、水面下に頭を突っ込んで泳ぐ魚を眺めよう。

      散歩する

      遊歩道に沿って、水筒を片手にこの絵のように美しい島を散策し、大自然を堪能しましょう。 観光客で賑わうサンベッドを後にし、風雨にさらされ、枝がねじれた杉の木を通り過ぎ、貝殻でいっぱいの白砂の砂丘を横切り、教会や灯台を通り過ぎながら、香りを吸い込みましょう。 指定されたコースを守る必要はありますが人混みから離れれば、どこを見渡しても青やターコイズブルーの海と空の青、そして砂の白が織りなす息をのむような絶景が待っている。

      建築史を見る

      アギオス・ニコラオス教会(聖ニコラウス教会)は島の北西に位置し、13世紀に建てられたと考えられている。 古い神殿の跡地に建てられ、石壁、井戸、ローマ帝国時代の墓の跡も近くに見ることができる。 また、小さなソーラー灯台、ミノア人の集落のわずかな跡、20世紀に建てられた世紀の家、島で唯一のものだ。

      関連項目: サントリーニ島の1日、クルーズ乗客と日帰り旅行者のための旅程表

      注意すべきこと

      • 海底には熱い小石や鋭い岩があるので、ウォーキングシューズと泳げる靴は必需品だ。
      • 島で3~5時間足止めされることになるので、泳いだり日光浴をしたりする準備をしておこう。 暑くて歩けないし、その間何もしないのはつらいという人は、本を持っていこう!
      • 椅子とサンベッドは10~15ユーロで、先着順なので、タオルを余分に用意し、船に乗る前にビーチパラソルの購入を検討しよう。
      • 貝殻に圧倒されたいなら、ベレグリナ、チャツィヴォラカス、カタプロソポのビーチを訪れてほしい。石や貝殻だけでなく、植物や野生生物(古代の芸術品も!)の採取も固く禁じられているので、ポケットに入れないことだけはお忘れなく。
      • 5月初旬か10月中旬に訪れれば、島をほぼ独り占めできるだろうが、夏のピーク時には混雑が予想される。
      • キオスクには消毒クリームと絆創膏が売られているので、尖った岩で足や体のどこかを切ってしまっても大丈夫だ。
      • 日焼け止めクリームをたくさん用意し、水も持って行くと、船やビーチで買う手間が省ける。
      • 以前は許可されていたが、現在はクリッシー島での宿泊は厳禁で、焚き火も禁止されている。
      • パドルボードやカイトサーフィンのようなウォータースポーツを楽しむなら、島にはレンタルがないので自分の道具を持参しよう。

      クレタ島への旅行を計画する

      クレタ島を訪れるベストシーズン

      クレタ島東部ラシティの見どころ

      ハニアでの楽しみ方

      イラクリオンの楽しみ方

      レティムノンでの楽しみ方

      クレタ島の楽しみ方

      クレタ島のベストビーチ

      クレタ島の滞在先

      Richard Ortiz

      リチャード・オルティスは、新しい目的地を探索することに飽くなき好奇心をもつ、熱心な旅行者、作家、冒険家です。ギリシャで育ったリチャードは、この国の豊かな歴史、素晴らしい風景、活気に満ちた文化に対する深い認識を深めました。彼は自身の放浪癖に触発され、自分の知識、経験、内部情報を共有し、他の旅行者がこの美しい地中海の楽園の隠れた宝石を発見できるようにする手段として、ブログ「ギリシャ旅行のアイデア」を作成しました。人々とつながり、地元のコミュニティに没頭することに真の情熱を持っているリチャードのブログは、写真、ストーリーテリング、旅行への愛情を組み合わせて、有名な観光拠点からギリシャ沖のあまり知られていないスポットまで、ギリシャの目的地に関する独自の視点を読者に提供しています。踏み固められた道。初めてのギリシャ旅行を計画している場合でも、次の冒険のインスピレーションを求めている場合でも、リチャードのブログは、この魅力的な国の隅々まで探索してみたくなる頼りになる情報源です。